黄蘗色の波佐見焼の小皿

ctnkozkns
ctnkozkns

黄蘗色の波佐見焼の小皿

(ctnkozkns)

黄蘗(くちなし)色の波佐見焼の小皿。
黄蘗(きはだ)とは、ミカン科のキハダの黄色い樹皮の煎汁で染めた明るい黄色のことで、奈良時代にもその名が見られる古い色名です。あたたかいイエローは、料理を美味しそうに見せてくれます。クチナシ色だけに、薩摩芋をクチナシと一緒にレモン煮に。皿と同じ色になりました(^^;)

サイズ

直径

105mm

高さ

17mm

陶磁器製品について

手作りのため、製作の過程において、形や大きさ、色味が微妙に異なってしまいます。 鉄点、はぜ、ピンホール、色むらなども作品の個性としてお楽しみいただき、ご了承の上、購入ください。

黄蘗色の波佐見焼の小皿
在庫状態 : 在庫有り
¥1,480(税別)
数量