波佐見焼について

波佐見焼の歴史

波佐見焼の始まり、発展、江戸時代の波佐見焼、くらわんか碗としての波佐見焼については下記の通りです。

波佐見焼の始まり

慶長4年(西暦1599年)、波佐見町村木の畑ノ原、古皿屋、山似田の3か所で焼き物づくりが始まりました。初めは連房式階段状登窯で施釉陶器を生産していましたが、その後、村内で磁器の原料が発見され、次第に染付と青磁を中心とする磁器へ移行しました。

波佐見焼の発展

大村藩の特産品となり、江 戸後期には染付の生産量が日本一になりました。こうして波佐見焼は、染付・青 磁ともに大生産地に発展しし、大村藩は皿山役所を設置し、磁器の生産に力を入れました。

江戸時代の波佐見焼

主に「くらわんか碗」と呼ばれた日常食器を製造していました。唐草模様を筆で簡単に描いた丈夫で壊れにくい、厚手で素朴な製品は波佐見焼の代表になりました。波佐見焼は、巨大な連房式登窯で生産され、手頃な価格で全国へ、 また、海外へと販路を広げていきました。

くらわんか碗

淀川を往来する大型船に近寄り、「餅くらわんか、酒くらわんか」と言って乗船客に飲食物を売っていた主に枚方地方の小舟のことを「くらわんか舟」といいました。「くらわんか舟」は、貸食船(煮売船・にうりぶね)とも呼ばれ、公式には「茶船」と呼ばれていましたが、「くらわんか舟」「食らわんか舟」という俗称が定着しました。
この「くらわんか舟」から差し出される碗は、揺れる船の上でも転びにくいよう、厚手で重心が低いことが特徴でした。船中で料理を食したのちに数をごまかすために川に捨てる客もいました。昔はくらわんか碗に、ご飯にかぎらず、汁物などをよそったり、酒を飲むことにも使用されていました。
土もの風の少し粗い素地に簡素な絵柄をほどこした、手頃な価格のくらわんか碗は、庶民の人気を得ました。磁器碗は高級なもの、庶民には手が届かないもの、という当時の常識を変え、日本人の食文化に大きな影響を与え ました。

波佐見焼の製法

波佐見焼の原料や製法は下記の通りです。

原料

磁器の主原料として、天草陶石を使用しています。天草陶石は、適した粘り気があり、これを使用した波佐見焼は、焼き縮が少なく、焼き上がりは上品な白さが出ます。透けるような白磁の美しさが波佐見焼の第一の特徴ですが、その秘密がここにあります。

粉砕

上記の天草陶石を細かく砕いて粉末にします。その後、ふるいにかけ不純物を取り除いたり、鉄分を取り除いたりし、白い磁器土が作られます。

成形

機械ロクロ、ローラーマシン、鋳込み、手ロクロなどの成形方法があります。

機械ロクロによる成形

型を回転させながら、金属板のコテをあてて土を延ばし、形を作ります。茶碗や徳利など、丸い器の成形に向いた成型方法です。

ローラーマシーンによる成形

石膏型と金型を回転させ、圧力をかけながら土を延ばして、成形します。

鋳込みによる成形

粉砕された陶石を液体状にして、型に流し込んで固め成形します。

手ロクロによる成形

回転させながら、指とヘラで形を成形します。

乾燥

成形の後、素地を削って整え仕上げたものを、風通 しの良い、日の当たる所で充分に乾燥させます。

素焼

窯に入れ約900度で焼きます。これにより、下絵付や釉かけがしやすくなります。

下絵付

素焼した後に、高温で発色する顔料(下絵具)で絵柄を描きます。青藍(せいらん)色の顔料である「呉須」による染付が代表的です。

釉かけ

表面をガラス質が覆い、小孔をふさぎ、滑らかになるよう、釉薬(ゆうやく)に浸し、仕上げます。

本焼成

約1300度の高温で焼くことにより、釉薬が溶けて、表面 に薄いガラス質の膜ができます。装飾や表面を滑らかにするほか、吸水性を無くす目的があります。

上絵付

低温で溶ける顔料(上絵具)で、釉の上から絵を描きます。赤絵や金彩などが多く用いられます。

焼き上げ

約800度で焼きあげます。